今使っているプロバイダを変える時に考えておくべきこと

今使っているプロバイダを変える時に考えておくべきこと

大人気の光インターネットは、回線の速度が以前の回線よりも優れているのみならず、通

信中の安定感も高い信頼性を誇っていますので、途中で電話がかかってきたせいで、接続

中の回線が前触れなく不通になったりその回線の通信速度がダウンするような事態についても、全くありません。

最初にインターネットプロバイダーと所定の契約をして、やっとネットに接続が可能です

。接続にあたっては電話番号があるように、繋げるあなたのパソコンなど通信可能な端末

にだって重複のないそれぞれの判別用ナンバーが、付与されるのです。

ドコモ光を使えば凝った大容量のホームページや、YouTubeやGyaoなどに代表

される各種の動画コンテンツでも、とてもストレスフリーに楽しめ、今すぐ聴きたいアー

ティストの曲などもほんのわずかな時間だけでダウンロードすることができるなど、AD

SLとは完全に異なる通信速度で楽しんでいただけること間違いなしです。

西日本の場合に関しては、決めかねる点が存在していますが、でもすでに東日本管内にて

活用しようと考えるなら、フレッツよりauひかりをセレクトすべきだと思いますし、そ

のほうが膨大なデータや動画なども快適に利用していただくことが可能です。

インターネット業者を選択する一番の要素というのは普通は費用でしょう。他を犠牲にし

ても、低く抑えられるかを比べるというのもいいし、フォローアップ条件やカスタマーサ

ポートの充実度で決定してもいいと思います。よく考えてスタイルに適したものをセレク

トしてくださいね。

利用者急増中のauひかりは、KDDIの回線を使った光インターネットでの接続サービ

スです。auひかりの回線というのはNTT関係の回線と比較すると、スピードの速い回

線であることがとても大きなアドバンテージです。最も一般的になっているNTT関係の

回線は、速度の上限が200Mbpsだが、auひかりはなんと5倍の最速で1Gbps

(1Gbpsは約1000Mbps)という能力があるのです。

KDDIの光ファイバーを利用している「auひかり」は、特徴として、他社のインター

ネット回線を使うよりも接続速度がかなり高速で、月額費用もプラン次第でかなり有利に

なる場合も少なくないようです。なお、新規利用の際は現金払い戻しと、魅力的な副賞が

プレゼントとされるキャンペーンや特典まであるわけです。

現在契約中のネット料金は月々にどれくらいで、使用回線や契約プロバイダーのどの追加

契約を申し込み中なのか把握していますか?もしもこういったことが不明なケースなら、

月々支払っている今の料金が不必要なオプション契約のところも払っているケースも否定

できないので、気を付けてください。

どんな形でも光でネットの利用を始めて、少し利用してからプロバイダーを違うところに

乗り換えていただくことだってかまいません。2年間の期間での契約のプランがかなり見

受けられるので、2年後経過するたびにプロバイダーを変えるのがきっとお得になるでし

ょう。

西日本の場合は、回線をまだNTTのドコモ光にするのか最近人気のauひかりかでずい

ぶん迷っている場合もきっとあると思いますが、両方の詳しい料金設定で、シミュレーシ

ョンも交えて比較してみると、あなたにピッタリな業者を決めることができるはずだと感

じています。

利用者が増えている光回線の場合ADSLに代表されるアナログ回線よりも、電磁波から

の攻撃を防ぐ構造となっているので、回線速度の数字が悪くなることがありません。また

昔あったNTT基地局までの距離の長さに比例して、インターネット接続の速度が低下し

ていくなんて事態はもう発生しないのです。

わかりやすく例えでいうと、「ネットユーザーにネットの中に席を確保したものを案内す

る」ということ、そして「インターネットの世界とお客様の端末の数々を繋げる」という

ような大切な仕事があるのが、いつものインターネットプロバイダーということ。

注目されているドコモ光ネクストの技術では、TV電話のようなやり取りの即時性が不可

欠になる通信を最優先させるという新技術により、機能を最大限に生かして、皆様に利用

していただくことを現実にできる高性能な新たなシステムが導入されているのです。

光回線の魅力は、大容量の通信ができて回線が乱れないことで、ネット接続以外にも、光

電話、あるいはTVなどに対して整備にいくらでもその性能を発揮するチャンスがあるし

、きっともうすぐ、光を利用する通信が主流になるのは間違いないといえます。

今使っているインターネットプロバイダーを異なるプロバイダーに乗り換えると、今のイ

ンターネットプロバイダーに申し込んだ際に利用することになったそれまでのメールアド

レスがその後交換せざるを得ません。これについては失敗しないように事前に対応をする

べきだと言えます。

関連ページ

ドコモ光の各プロバイダの特長まとめ
ドコモ光のプロバイダについて、各社の特長をまとめました。
光インターネット回線の中でドコモ光を選ぶべき理由
ドコモ光を選ぶべき理由について解説。

ホーム RSS購読 サイトマップ